星製薬について

星製薬のあゆみ

明治39年
星一(ほし はじめ SF作家星新一の実父)、製薬所を設立。
明治43年
郡元売捌所、県元売捌所を設け、これが後に日本で初めてのチェーンストア方式として確立。
明治44年
星一、星製薬株式会社を設立。
大正4年
ホシ胃腸薬発売。
大正5年
日本民間最初のワクチン製造、販売。
大正10年
星一が星薬科大学の前身である「星製薬商業学校」を設立
製薬会社として東洋一と言われる規模となる
昭和42年
ホシ胃腸薬ホリン発売。
昭和45年
隈笹エキスの研究に着手。
「隈笹多糖体」の数々の機能性とそれを有効利用するための独自の抽出法(特許取得済み)を確立
昭和55年
ホシ隈笹エキス発売。
近年は海外から注目を集めている抗インフルエンザ作用を新たに確認したのをきっかけに、今年から研光通商を窓口に米国、欧州、アジア、オセアニアなどに向けて海外展開をスタートする。

  • 星製薬のあゆみ

星薬科大学

健康維持に「ホシ隈笹エキス」 商品ページへ

植物エキスで健康的な肌 商品ページへ

TOC

The New Otani

星新一 OFFICIAL SITE